ベトナム、イエメンの独立・主権・領土保全を尊重

(VOVWORLD) - 15日、国連安全保障理事会は会議を行い、国連ハイチ統合事務所の活動期限延長に関する決議を採択するとともに、イエメン問題に関し、関係各側に対し、停戦令について交渉を再開するよう呼びかけました。

会議で発言に立ったベトナムの代表は、子どもと女性を含む多くの民間人がイエメン国内での紛争により死亡していることに深い懸念を表明するとともに、「ベトナムは常に、イエメンの独立・主権・領土保全を重視している」と再確認しました。

ベトナムの代表は、イエメンでの平和を回復するための国連事務総長のマーティン・グリフィスイエメン担当特使と国連の関連各機関の努力を歓迎し、イエメンの関係各側に対し、停戦令を厳守するようアピールしました。

ご感想

他の情報