ベトナム・イギリス、多面的な協力を推進

(VOVWORLD) - 9月30日午後、政府本部でグエン・スアン・フック首相はベトナムを訪問していたイギリスのドミニク・レニー・ラーブ外相と会見しました。
ベトナム・イギリス、多面的な協力を推進 - ảnh 1

席上、フック首相は「イギリスを欧州におけるベトナムの最大の貿易相手国と見なしている」と強調するとともに、双方に対し、二国間貿易協定の交渉を早期に終了・締結するよう要請しました。また、ベトナムは常にベトナムに進出するイギリス企業や投資家らが、強みを活用し、投資経営協力を強化するよう、有利な条件を作り出しているとしています。

一方、イギリスのラーブ外相は「ベトナムとの協力を重視し、イギリスとアジア地域との協力の推進やグローバルな問題の解決に際し、ベトナムと緊密に連携していく」と強調するとともに、双方が2021年、イギリスで行なわれる予定のCOP26=第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議の準備で協力するよう希望を表明しました。また、イギリスは平和、安定、安全保障の確保、紛争を国際法、中でも1982年国連海洋法条約に従って、平和的措置で解決するというベトナムとASEANの立場を支持するとしています。

他方、同日午後、フック首相はグレッグ・ハンズ通商担当閣外相やEnterprize Energyグループのイアン・ライモン・ハットン社長らと会見し、中部ビントゥアン省での海洋風力発電事業の推進について話し合いました。

席上、フック首相はベトナムに進出する外国人投資家に有利な条件を作り出し、環境に優しく、先進的な技術を利用する海洋風力発電のような大規模なプロジェクトを歓迎すると明らかにしました。

ご感想

他の情報