ベトナム・オンライン・マーケッティング・フォーラム2019に数百社が参加

(VOVWORLD) - 14日午前、ハノイで、ベトナム電子商取引協会の主催により、ベトナム・オンライン・マーケッティング・フォーラム2019が行なわれ、電子商取引、銀行、観光、金融、不動産などの分野に携わる企業数百社が参加しました。
ベトナム・オンライン・マーケッティング・フォーラム2019に数百社が参加 - ảnh 1写真提供: The Anh

 このフォーラムは「実際と方向」、「計画からマーケティングまで」、「スマート・マーケティング」、及び「理解とブーム」といった4つのテーマに分けられ、国内外の専門家から電子商取引の動きに関する様々な情報が提供されました。

現在、ベトナム人口の半分以上はインターネットを使用し、インターネットの接続時間で東南アジアトップ入りしています。2020年までに、ベトナムの電子商取引の総売上高はおよそ80億ドルに達することから、電子商取引市場は国内企業、とりわけスタートアップ企業にとって有望な分野であると評されています。Eラーニング・システムであるUnica学院のカオ・スアン・ホアイ・ヴオン学長は次のように語りました。

(テープ)

「オープンな世界においてベトナム企業、特にオンライン設備提供者は適切な解決策を打ち出し、競争に立ち向かう姿勢を整える必要があります。様々なオンラインマーケティングソリューションを使用する企業として、私は政府に対し、企業とともに歩み、企業を支援し続けるよう希望します。」

ご感想

他の情報