ベトナム、ジェンダー平等の実現に終始一貫した政策を示す

(VOVWORLD) -26日午後、ハノイで開催中の第36回ASEAN=東南アジア諸国連合首脳会議のテレビ会議の枠内で、デジタル時代における女性のエンパワーメントに関する特別首脳会合が開かれました。
ベトナム、ジェンダー平等の実現に終始一貫した政策を示す - ảnh 1

これは、ベトナムが提唱した構想であり、共同体構築過程におけるジェンダー平等と女性の役割向上の促進に向けたASEAN加盟諸国の指導者の公約を強調することが狙いです。

特別首脳会合で、グエン・スアン・フック首相は「デジタル時代、第4次産業革命は女性を始め、人々に多くの試練をもたらしている。そのため、ASEAN加盟諸国は女性の潜在力を活用するため行動しなければならない」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「第4次産業革命は人類に大きなチャンスを切り拓くと共に、女性のエンパワーメントを促進し、女性が困難と試練を乗り越え、女性の潜在力を解放することに寄与しています。ASEANは「すべての人々が平等にチャンスと接近でき、女性の権利が促進、保護される」という共同体を構築する目標を掲げています。ASEAN2020の議長国として、ベトナムは女性に関連する公約、マスタープランを優先的に実現し、人間を中心にしたASEAN共同体づくりを現実に移します。」

会合で、グエン・テイ・キム・ガン国会議長は「この会合の開催はジェンダー平等と女性のエンパワーメントの促進に対するASEANの指導者の決意を示している」と明らかに、次のように語りました。

(テープ)

「ASEAN加盟諸国の政府は女性と子供の権利、ジェンダー平等の実現に配慮することの模範となっています。ベトナム国会とベトナム女性を代表して、ASEAN加盟諸国の政府が今後もこの件について、より大きな成功を収めることをお祈りいたします。ベトナムは今後も、この件についてASEAN加盟諸国と責任を分かち合います。」

一方、ASEANの事務局長はベトナムが提唱したこの会合のテーマを高く評価した上で、変動しつつある世界で、女性が指導者として政治分野に参加するため行動すると強調しました。

ご感想

他の情報