ベトナム・ドイツ、戦略的パートナーシップを強化

(VOVWORLD) - 9月23日のベトナムとドイツの外交関係樹立45周年にあたり、15日午後、グエン・スアン・フック首相はドイツのメルケル首相と電話会談を行ないました。

席上、フック首相は欧州と世界で重要な地位があるドイツとの戦略的パートナーシップを重視していると強調するとともに、ドイツ政府に対し、ドイツ企業に機械製造、裾野産業、スマート・インフラ整備、再生エネルギー、職業訓練など優先分野におけるベトナムとの協力の拡大を働きかけるよう要請しました。また、ベトナムは新型コロナ対応、中でもワクチンの生産、新型コロナ収束後の経済回復、渡航の再開でドイツと協力する意向があるとしています。

一方、メルケル首相は両国が収めてきた重要な成果を強調するとともに、ベトナムとドイツの協力は明るい未来を迎えるとの確信を示しました。双方はベトナム・ドイツの戦略的行動計画の展開で緊密に連携し、両国の戦略的パートナーシップの全面的な深化に努力していくと表明しました。    

また、ベトナムはASEAN2020議長国、ドイツは今年下半期のEU輪番議長国として 両地域の連結と協力の推進に努力し、EU・ASEAN関係の格上げを目指すとしています。

ベトナム東部海域問題に関し、両首相は紛争を国際法、中でも1982年国連海洋法条約に従って、平和的措置で解決すること、同海域の平和、安定、安全保障、海上・上空の自由航行を確保することの重要性を強調しました。

ご感想

他の情報