ベトナム、ロシアの東方政策における相手国

(VOVWORLD) -イバン・ティモフェエフ博士は「ベトナムはロシアの東方政策における相手国となっている。その理由としてあげられるのは両国には伝統的パートナー関係があるということである」と明らかにしました。
ベトナム、ロシアの東方政策における相手国 - ảnh 1    イバン・ティモフェエフ博士(写真:TTXVN)

9日、ロシア南部ソチで開かれた国際有識者会議「バルダイ・クラブ討論会」に出席した直後、ロシア国際問題評議会のイバン・ティモフェエフ博士はロシアの東方政策におけるベトナムとASEAN=東南アジア諸国連合の役割についてモスクワ駐在ベトナム記者のインタビューに応えました。

その中で、イバン・ティモフェエフ博士は「ASEANはアジア太平洋地域において中心的な役割を担っている」というロシアのプーチン大統領の言葉を引用した上で、「ベトナムはロシアの東方政策における相手国となっている。その理由としてあげられるのは両国には伝統的パートナー関係があるということである」と明らかにしました。

また、同教授は軍事、エネルギー、石油ガス開発などの分野において、両国間の協力の潜在力が豊富であると強調すると共に、ベトナムはバランスが取れ、多様化、独立した外交政策を効果的に実施することを望んでいると述べました。

ご感想

他の情報