ベトナム、世界第3位の航空市場になる?

「ベトナムは世界の第3位の最大の航空市場となる」。10月23日付のシンガポール紙の『聯合早報』はこのような見解を明らかにしました。

同紙は「2013年、ベトナム国内の観光部門の伸び率は2桁台にのぼり、ボーイング、エアバスなど世界の大手の航空機製造メーカーに大きな発展チャンスをもたらす」ことを伝えました。また、国際航空運送協会は2014年、ベトナムは中国とブラジルに次いで、世界第3位の航空市場となるとの予測を出しました。

一方、同新聞は「ベトナム航空市場の急速な発展はベトナム経済発展に弾みを付けるものとなる」ことを伝えました。

ご感想

他の情報