ベトナム、今年の経済成長率をプラスにする目標に取組む

(VOVWORLD) -会議で、年末までの3か月間の経済社会発展を強化する対策が討議されました。
ベトナム、今年の経済成長率をプラスにする目標に取組む - ảnh 1       会議の様子

2日午前、政府本部で、グエン・スアン・フック首相の主宰の下、政府の9月の月例会議が行われました。会議で、年末までの3か月間の経済社会発展を強化する対策が討議されました。

今年第三四半期に、ベトナムの経済成長率が2.62%に達したことは今年通年の経済成長率が2%~3%に達するという目標を遂行できる基礎となるとの見解が明らかにしました。

また、同時期に、ベトナムの輸出超過額は初めて170億米ドルに達し、外国直接投資誘致額は210億米ドルを超えた。消費者物価指数は3.85%に低下し、外貨の為替レートが安定しているとしています。

フック首相は次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムの輸出の伸び率は20%を超えました。この前まで、輸出の伸び率は主に外国直接投資に頼っていましたが、現在は国内企業によるものです。その中で、農業分野は輸出総額を410億ドルに達する目標を掲げています。公共投資の実施総額は計画のおよそ60%に達し、過去最高となりました。社会全体への投資総額は4.8%増となり、GDP=国内総生産のおよそ34.7%を占めています。困難に直面している背景の中で、農業は非常に重要な役割を果たしています」

今後の任務について、フック首相は次のように語りました。

(テープ)

「今後も、新型コロナウイルス感染症対応策をさらに強化する一方、デジタル化、第4次産業革命を促進してゆきます。これまで経済社会発展に達成した成果を生かして、今後も、引き続き努力しなければなりません」


ご感想

他の情報