ベトナム、国際法委員会に立候補

(VOVWORLD) -  先ごろ、ニューヨークとジュネーブの国連本部に常駐するベトナム代表団は国連と各国に公文書を送り、2017年~2022年期のILC=国際法委員会委員を務めているベトナムのグエン・ホン・タオ博士が2023年~2027年期に立候補し、選挙運動を開始したと明らかにしました。
ベトナム、国際法委員会に立候補 - ảnh 1グエン・ホン・タオ大使

2016年、クウェート駐在ベトナム大使館のグエン・ホン・タオ大使は国際法委員会に選出された最初のベトナム人となりました。2017年~2022年期にタオ大使はILCの研究結果の活用を進め、同委員会の各討論会に積極的に参加したうえで、国家相続や国際紛争の解決などに関し適切な意見を提案しました。

タオ大使はアジア太平洋地域の10の候補者の一人として2023年~2027年期のILCに推薦されました。投票は来る11月、ニューヨークで行われる予定です。

ご感想

他の情報