ベトナム、平和、安定、発展のASEAN共同体づくりに努力

(VOVWORLD) - 26日午前、ハノイで、「越境犯罪対策を目指すASEANの結束と主体的適応」をテーマにした第14回国境を越える犯罪に関するASEAN閣僚会議がオンライン形式で始まりました。

ベトナム、平和、安定、発展のASEAN共同体づくりに努力 - ảnh 1

写真:Quang Hieu

席上、挨拶に立ったグエン・スアン・フック首相はASEAN2020議長国としてベトナムは加盟諸国とともに経済発展と新型コロナ制圧という二重の任務の遂行に取り組んできたと明らかにしました。また、ベトナム公安省が提案した「越境犯罪対策を目指すASEANの結束と主体的適応」というテーマは越境犯罪を断固として防止し、地域の平和、安定、安全保障の維持に貢献するというASEAN諸国の同分野担当大臣らの公約と決意を示すとの見解を示しました。フック首相はASEAN諸国に対し、ASEAN共同体ビジョン2025と「2025年以降のASEAN 共同体ビジョン」に関するハノイ宣言を完全履行するよう要請し、次のように語りました。

(テープ)

「強固な政治・安全保障共同体の構築を重視し、犯罪問題の解決における国境を越える犯罪に関するASEAN閣僚会議の役割を確立した上で、地域の平和、安定、安全保障の維持に貢献することが狙いです。また、ASEAN諸国の法律施行機関の信頼醸成や情報・経験の交換を進め、越境犯罪対策を強化するとともに、ASEAN諸国の市民の安全保障を確保して、新型コロナによる社会的不安定を防止しなければなりません。」

開会式後、全体会議が行われ、ASEAN諸国の越境犯罪対策担当閣僚やASEAN事務局長などが参加しました。

ご感想

他の情報