ベトナム、教育分野におけるデジタル化の準備

(VOVWORLD) -11日午前、ハノイで開催中の第15期国会第2回会議で教育訓練省のグエン・キム・ソン大臣に対する質疑応答が行われました。
ベトナム、教育分野におけるデジタル化の準備 - ảnh 1教育訓練省のグエン・キム・ソン大臣
(写真:TTXVN)

質疑応答の冒頭で、ソン大臣は「この2年、新型コロナウイルス感染症の流行は教育養成分野を始め、多くの分野に悪影響を与えている。新型コロナ禍により、教育養成部門の教育計画や受験計画が規定通りに実施できなくなり、生徒学生およそ200万人が長い間、学校に通うことができなくなり、大学の学生7千人が予定通りに卒業できなくなった」と明らかにしました。

また、「オンライン授業やテレビ授業などの遠隔授業を行っているが、物質的条件が十分に整っていないので、多くの困難に直面している」と強調しました。

ソン大臣は「現在、遠隔授業は新型コロナウイルス感染症への対応策の一つであるが、教育養成分野でデジタル化が進められている中で、これは今後も必須の方向である」と述べました。ソン大臣は次のように語りました。

(テープ)

「2021年に行われている遠隔授業の規模は過去にありません。ベトナムの教育養成部門は新型コロナウイルス感染症の対応のため多くの困難に直面しています。党と政府がデジタル化に関心を寄せているものの全国各地でデジタル化が展開されていないことは事実です。統計によりますと、生徒学生およそ190万人が学習の備品を持っていません。そのため、デジタル化のためのインフラ整備への投資を強化しなければなりません。その他、遠隔授業を行うための国家レベルの基盤を作り出す必要があります。これは大手情報通信グループの参加が欠かせません。次は遠隔授業を行うための大量のデーターベースを作成するということです。」

同日午前の質疑応答で、ソン大臣は教育面における都市と農村部地の格差の是正や教科書の品質、教員の業務能力などに関する質疑に答弁しました。

ご感想

他の情報