ベトナム、東南アジア成長率で一人勝ち 7~9月期

(VOVWORLD) - 先頃、日本経済新聞はベトナムの経済成長に関する記事を掲載し、東南アジア経済でベトナムが一人勝ちとなって、2020年7~9月期の実質国内総生産(GDP)はプラス成長を維持したと伝えました。

その中でベトナムは2020年中に名目GDPでシンガポールなどを上回る見通しです。ベトナムの7~9月期は前年同期比2.62%増と、4~6月期に続きコロナ禍でもプラス成長でした。新型コロナの感染拡大で東南アジアの主要国が軒並みマイナス成長に陥る中で、新型コロナの抑えこみに成功したベトナムは成長を続けています。中国などから生産拠点の移管が増え、輸出が拡大しています。IMF=国際通貨基金は、ベトナムが2020年中に名目GDPでシンガポールやマレーシアを抜き、ASEAN=東南アジア諸国連合4位になると予想しました。

ベトナムの成長の原動力は輸出増です。ベトナムの10月の輸出額は267億ドル(約2兆8千億円)と前年同月に比べ9.9%増えました。商工省の予測では、2020年通年の輸出額も前年比3~4%増を維持する見通しで、成長を支えています。

新型コロナの累計の感染者数がわずか約1300人で、経済への悪影響が最小限にとどまっている点も大きい。外出制限を実施したのは4月の約3週間だけで、生産活動は域内でいち早く回復した。失業者の増加を抑え、GDPの7割を占める個人消費も底堅いとしています。

 

ご感想

他の情報