ベトナム、西サハラ担当特使と特派員の任命を歓迎

(VOVWORLD) - 国連駐在ベトナム代表団の副団長を務めるグエン・フゥオン・チャ公使は、あらゆる紛争も国連憲章や、国際法に従って平和措置で解決する必要があるというベトナムの終始一貫した立場を再確認しました。
ベトナム、西サハラ担当特使と特派員の任命を歓迎 - ảnh 1国連駐在ベトナム代表団の副団長を務めるグエン・フゥオン・チャ公使=VOV

VOVのワシントン特派員によりますと、現地時間の13日、ニューヨークで、国連安全保障理事会は西サハラ問題を討議する会議を行い、MINURSO=国連西サハラ住民投票監視団のアレクサンダー・イバンコ団長らが参加しました。

席上、発言に立った国連駐在ベトナム代表団の副団長を務めるグエン・フゥオン・チャ公使は、スタファン・デ・ミストゥラ氏を事務総長の西サハラ担当特使に、および、イバンコMINURSO団長を国連事務総長の特別な代表に任命したことを歓迎しました。また、ベトナムを代表して、関係各側に対し、対話を再開し、衝突を中止するよう呼びかけました。

チャ公使は、あらゆる紛争も国連憲章や、国際法に従って平和措置で解決する必要があるというベトナムの終始一貫した立場を再確認しました。

ご感想

他の情報