ベトナム、農業をさらに発展させていく

(VOVWORLD) - ベトナムは常に、農業を国の発展事業の重要な一本柱とみなしています。

農業農村開発省によりますと、現在、農業分野に携わる企業は75万社を超えています。農業分野の再構築事業において、これらの企業は農家とともに、中核的な役割を果たしているということです。

グエン・スアン・クオン農業農村開発大臣は、「企業の積極的な姿勢は、農業分野が多大な潜在力を持っていることを示す」とし、次のように語りました。

(テープ)

「その発展の余地は、2兆ドルにのぼる全世界の食品取引総額によるものです。その総額の中には、加工業は大きな割合を占めています。また、原材料の価値は400億ドルとなっています。そのため、加工業発展を含めバリューチェーンづくりを促進する必要があります。コーヒーを例として取り上げますが、その年平均輸出額は35億ドルに達しており、その中で、加工業は11%しか占めていません。つまり、その発展余地は89%に上っているといえます。」

ご感想

他の情報