ベトナム 競争力向上を促進

(VOVWORLD) - WEF=世界経済フォーラムが発表した2019年版の「世界競争力報告」によりますと、ベトナムは前年の77位から10ランク上がり、141か国と地域の中で67位に立っています。

経済専門家のレ・ダン・ゾアイン博士は、これは、体制改革の加速における政府の取り組みによるものであると評価し、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムが高度な経済成長を遂げていることは多くの面での改革事業によるものです。「世界競争力報告2019年版」を見れば、ベトナムの競争力の12の柱はいずれも著しい成長を見せています。例えば、テクノロジーの応用力という柱は良く伸びました。また、市場の効率性やビジネスの成熟度なども高くなっています。これは、経営上のライセンスの大幅削減を目指す政府の取り組みによるものであると思います。」

しかし、ゾアイン博士は、企業の生産経営活動にさらに便宜を図るため、改革事業を加速させる必要があるとの考えを示しました。

ご感想

他の情報