ベトナム、ASEAN議長国として尽力

(VOVWORLD) -シンガポール国立大学ナンヤン工科大学に所属するシンクタンクRSISのウエブサイトは先ごろ記事を掲載し、その中で、ASEAN東南アジア諸国連合内の連結促進に対するベトナムの役割を評価しました。
 ベトナム、ASEAN議長国として尽力 - ảnh 1          (写真:TTXVN)

その中で、「連結と主体的適応」と題するASEANの目標に向けて、ASEAN2020の議長国を務めるベトナムは、多くの試練を効果的に対応していると述べました。この記事によりますと、26日、ベトナムは、新型コロナウィルス感染症が推移している背景の中でASEANの第36回首脳会議を初めてオンライ形式で開催し、ASEANの主な試練の1つである新型コロナウイルス感染症予防対策について話し合います。ベトナムは新型コロナと戦うための共通戦略に向けて、先頭に立つ役割を果たさなければならないとしています。

さらに、この記事は、ASEAN2020の議長国を務めるベトナムは、新型コロナをはじめ多くの共通の試練に対応するために、ASEAN共同体内で団結心と統一性の強化に力を入れている。ベトナムが適切な対策により新型コロナウイルス感染症を効果的に制圧している。新型コロナウイルス感染症との闘いにおいて、ベトナムは、疫病対策を成功させた手本である」と伝えました。

ご感想

他の情報