ベトナム、ILOの貧困撲滅イニシアチブを支持


1日から13日にかけて、ILO=国際労働機関は第105回ILC=国際労働総会を開催し、労働者の基本的な権利や海上労働などの問題について討議しました。ベトナムからは政府機関、労働者側と使用者側の代表からなる代表団が参加しました。

ベトナム、ILOの貧困撲滅イニシアチブを支持 - ảnh 1
(写真:AFP/TTXVN)


総会で発言に立ったベトナム労働傷病軍人社会事業省のフアム・ミン・フアン次官は「ILOの貧困撲滅イニシアチブと2030アジェンダ」をはじめ、2019年のILO創立100周年を記念する7つの記念事業を支持すると強調しました。また、フアン次官は総会で持続的な雇用の創出問題が詳しく討議されたことを高く評価しました。会議に際し、ベトナムの代表団は各国の代表と個別会見を行い、締結した合意書の具体化について討議しました。

なお、国際労働総会は毎年、開催されていて、加盟186カ国の政府機関、労働者側と使用者側の3者代表が出席するとしています。

ご感想

他の情報