ベネズエラ大統領は国連総会欠席、副大統領らが米国批判展開へ

(VOVWORLD) - ベネズエラのマドゥロ大統領は12日、今月の国連年次総会出席のためにニューヨークを訪れることはないと述べました。
ベネズエラ大統領は国連総会欠席、副大統領らが米国批判展開へ - ảnh 1 アレアサ外相 写真提供:AFP

 総会にはロドリゲス副大統領とアレアサ外相が出席し、1200万人の市民の署名とともに米国による対ベネズエラ制裁を批判するということです。

マドゥロ大統領は与党統一社会党青年部での演説で「国民の大半がもう米国の制裁措置はたくさんだと言っている。今年は皆とともにベネズエラで平穏に過ごす」と述べました。

大統領は昨年、暗殺計画があるとして国連総会を欠席する意向を示していましたが、開催直前に出席を決めました。

ご感想

他の情報