ベネズエラ市民数万人、チャベス大統領のひつぎと行進

南米ベネズエラの チャベス大統領の死去から一夜明けた6日、遺体は首都カラカスの病院から士官学校へ約6時間かけて移送されました。


ベネズエラ市民数万人、チャベス大統領のひつぎと行進 - ảnh 1

大統領のシンボルカラーの赤いTシャツを着た数 万人の市民が「大統領は生きている」と叫び、30度を超える気温の中ひつぎと行進しました。市街の中心部は一時交通まひ状態になりました。

花が飾られたひつぎは午前中に病院前を出発し、チャベス氏が学んだ士官学校まで8キロの道のりをゆっくりと進みました。

暫定大統領に就任したマドゥロ副大統領が一団を先導しました。1カ月後の大統領選に向けて、チャベス氏の後継としての存在感を示す狙いとみられます。

ご感想

他の情報