ホーチミン主席の思想的価値を広める

(VOVWORLD) -ホーチミン主席の死去から半世紀以上が経ちましたが、ホーチミン主席が残した思想や遺産はいつまでもその価値が保たれています。

1987年に開かれたユネスコ=国連教育科学文化機関の総会はベトナムの民族解放英雄であり、傑出した文化人であるホーチミン主席生誕100周年を記念するため、決議を出しました。ユネスコのこの決議は世界各国が ホーチミン主席が残した価値を確認する表れと言えます。

ホーチミン国家政治学院・共産党歴史研究所のグエン・チョン・フック元所長は次のように語りました。

(テープ)

「ホーチミン主席が指導してきた民族解放事業こそ文化的、道徳的価値が含まれています。これらの価値は民族解放事業にプラス影響を与え、国際社会におけるベトナムの地位を確立しています。ホーチミン主席はベトナムの素晴らしい伝統的文化を継承しています」

ユネスコの決議は世界各国に対し、ホーチミン主席を祈念する活動を行うよう呼びかけています。これまで、世界22か国と地域でホーチミン主席の記念塔や像が建設されました。多くの国ではホーチミン主席の名を冠した学校や道路、広場があります。ホーチミン博物館のチュ・ドゥク・ティン元館長は次のように語りました。

(テープ)

「2014年、アフリカのインド洋側に位置するマダガスカルにあるホーチミン主席の像の改修のため、私はベトナム人の代表団と共に、マダガスカルに行きました。地元の行政府はベトナムの意向を知ってから、自費でホーチミン主席の像の改修費用を賄うことにしました。これはホーチミン主席を含め、ベトナムに対する世界友人の温かい気持ちを表われと言えます」

ベトナムがドイモイ事業と国際社会への参入を進めている背景の中で、ホーチミン主席の道徳と思想の面における大きな価値が国内だけでなく、世界各国にも広がっています。これを通じて、世界各国がベトナムの国土、独特な文化、輝かしい歴史の伝統を深く理解されることでしょう。

ご感想

他の情報