ホーチミン市代表団、チュオンサ群島訪問

18日、ホーチミン市の祖国戦線委員会、及び、人民各層の代表からなる代表団はチュオンサ群島の住民と兵士にプレゼントをするために、チュオンサ群島への訪問を開始しました。


ホーチミン市代表団、チュオンサ群島訪問 - ảnh 1
チュオンサロン島

そのプレゼントは「愛するチュオンサ群島のため、祖国の前線のため」という基金から拠出されたもので、その総額はおよそ110億ドンです。プレゼントには、船舶、テレビ、コンピューター、エアコンなどがあります。

ホーチミン市祖国戦線委員会のチャン・トゥアン・フン( Tran Tuan Hung)副委員長は次のように語りました。

(テープ)

「ホーチミン市祖国戦線委員会は2009年から、『愛するチュオンサー群島のため、祖国の前線のため』という基金への募金運動を開始しました。ホーチミン市民はこの運動に積極的に参加してきました。2012年に、この基金向けの寄付金は160億ドンにのぼりました。今年中、チュオンサ群島のインフラ整備のために、この基金におよそ300億ドンを集める見込みです」

ホーチミン市は「愛するチュオンサ群島のため、祖国の前線のため」基金を設立するほか、「チュオンサ群島の建設のため石」や「情義溢れた魚網」などの運動を展開し、チュオンサ群島の島民の支援やこの群島における福祉施設の建設に寄与しています。

 

 

ご感想

他の情報