ホーチミン市、各分野が調和の取れた発展を推進すべき

(VOVWORLD) - 3日午前、党中央委員会本部で、グエン・フ・チョン党書記長・国家主席の主宰の下、政治局とホーチミン市党委員会との会合が行われ、第13回党大会の政治報告書や同市の2020年~2025年期の党委員選出を目指す人事計画案に意見が寄せられました。
ホーチミン市、各分野が調和の取れた発展を推進すべき - ảnh 1

席上、チョン党書記長・国家主席は「政治局は任期内でホーチミン市党委員会が収めてきた成果を高く評価する」と強調するとともに、ホーチミン市に対し、自尊心を掲げ、輝かしい伝統を発揮し、今後の任務を定めた上で、適切な解決策を実施するよう求めました。チョン氏は次のように語りました。

(テープ)

「現段階で、ホーチミン市の市民の間に民族自尊心を芽生えさせ、頑強不屈な伝統を発揮させる必要があると思います、市の党委員会は英雄都市としての称号に値するよう、任務の遂行に尽力しなければなりません。」

このように語ったチョン党書記長・国家主席はホーチミン市に対し、今後、経済社会発展を重視するだけでなく、各分野が調和の取れた発展にも配慮し、環境保全に取り組むとともに、民族大団結の力を発揮していくよう求めました。

ご感想

他の情報