ホー主席の外交思想、計りしれなく貴重

(VOVWORLD) -ホーチミン主席生誕130周年を記念するにあたり、ファム・ビン・ミン副首相兼外相は「共産党と政府の外交路線におけるホーチミン主席の外交思想」をタイトルとした記事を執筆しました。

記事の内容は次の通りです。

近代的外交政策を作成した優れた外交官であったホーチミン主席はベトナムの外交部門が困難を乗り越え、民族独立と国の統一事業に貢献してきました。

愛国主義とベトナムの伝統的文化を基礎に、長年にわたる革命活動の経験を生かしたホーチミン主席はベトナム外交部門に独特な政策を制定してきました。

ホーチミン主席の外交思想には外交の原理、方法、芸術が含まれています。ホーチミン主席は民族独立と社会主義との両立、国家主権、領土保全、国家統一、平和維持と侵略戦争の防止など民族の基本的権利を強調しました。実際は共産党の外交路線を効果的に実施する鍵であり、計りしれないほど貴重な価値があることを裏付けました。

現在、ベトナムは国連加盟193か国の中の189か国と外交関係を結ぶと共に、30か国と全面的戦略的関係があります。ホーチミン主席の外交思想の基、ベトナム外交部門は今後も多くの成功をおさめ、国の建設防衛事業に恥じない貢献を果たすことが期待されます。

 

ご感想

他の情報