マラドーナ氏 埋葬 多くの人詰めかけ一時3キロ以上の長い列に

(VOVWORLD) - 25日に亡くなったサッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏のひつぎは26日、一般弔問のため安置されていた大統領府から墓地に運ばれ、埋葬されました。警察によりますと大統領府の周りには100万人を超える市民が集まり、国民的英雄との最後の別れを惜しみました。

マラドーナ氏は1986年のサッカーワールドカップメキシコ大会でアルゼンチンを優勝に導いたスーパースターで25日、60歳で亡くなりました。

26日、ひつぎは一般弔問のため首都ブエノスアイレスの大統領府に運ばれ大統領府の周りには、国民的英雄に最後の別れを告げようと早朝から多くの人が詰めかけ、一時3キロ以上の長い列ができました。

地元警察によりますと集まった市民は100万を超え、中には、警察が設置したフェンスを倒してひつぎに近づこうとする人が出るなど、周辺は一時騒然としました。(NHK)

ご感想

他の情報