ミン副首相、安保理の拡大討論会に際し、各国の指導者らと会見

(VOVWORLD) - これらの席で、各国の指導者や外相は「ベトナムとの関係を重視している」と強調し、国連の場でベトナムとの連携を強化し、ベトナムと得意分野での協力を推進していきたい意向を示しました。

9日、ニューヨークの国連本部でファム・ビン・ミン副首相兼外相は安保理の拡大閣僚級討論会に際し、エストニア、ハンガリーの外相やドイツ外務省のミヒェレ・ミュンテフェリング国務大臣、ビンセント及びグレナディーン諸島のラルフ・ゴンザルベス首相らと会見しました。これらの席で、各国の指導者や外相は「ベトナムとの関係を重視している」と強調し、国連の場でベトナムとの連携を強化し、ベトナムと得意分野での協力を推進していきたい意向を示しました。

一方、ミン副首相兼外相は平和・安全保障に関する国連の諸活動の推進に際し、ドイツ、ハンガリー、エストニア、ビンセント及びグレナディーン諸島との行動協調を進めていく用意があると表明しました。また、ベトナム・EUのFTA=自由貿易協定とIPA投資保護協定が批准された後、ドイツ、ハンガリー、エストニアとの貿易投資協力を強化したいと明らかにしました。

ご感想

他の情報