モンスーン音楽フェスティバル、タンロン遺跡で再開

(VOVWORLD) -コック・チュン作曲家が音楽総監督を担当する今年のフェスティバルは、国際基準に基づいて開催されます。

来る11月1日から3日にかけて、首都ハノイのタンロン遺跡で、国際音楽蔡「モンスーン音楽フェスティバル」が1年ぶりに再開されます。

コック・チュン作曲家が音楽総監督を担当する今年のフェスティバルは、国際基準に基づいて開催されます。

今回のフェスティバルには、国内外の多くアーティストが参加します。ベトナムからは、シンソ(Xinh Xo)、ビン・クアット(Vinh Khuat)、ルチェチャウ(LuTreChau)などが登場します。また、海外からは、アイルランドのコーダライン ( Kodaline)、デンマークのマライア(Mariyah)、タイのプム・ヴィプリット(Phum Viphurit)、韓国のアドイ(Adoy)、ヒョゴ(Hyukoh)などが参加します。

ご感想

他の情報