リック国防大臣、シャングリラに際し、個別会見

(VOVWORLD) - 1日午後、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議(シャングリラ会合)の枠内で、ベトナムのゴ・スアン・リック国防大臣はアメリカ国防長官代行、ニュージーランド、イギリス、シンガポール、マレーシア、フランス、モンゴルの国防相らと個別会見を行ないました。
リック国防大臣、シャングリラに際し、個別会見 - ảnh 1 リック大臣とアメリカ国防長官代行(写真:TTXVN)

アメリカ国防長官代行との会見で、双方はこれまで、両国の協力は適切な成果を収め、地域と世界の平和、安定の維持に貢献したとの見解で一致しました。リック大臣はアメリカ側に対し、4月に始まったビエンホア空港のダイオキシン除染プロジェクトを早期に完成するため、ベトナムと協力するとともに、国連平和維持部隊に参加するベトナムの第2級野戦病院2号の設立を支援し続けるよう要請しました。

一方、イギリス、シンガポール、マレーシア、モンゴルの国防相との会合で双方は国防協力関係を深化させ、海軍、海上警察の訓練や平和維持部隊の業務遂行能力の向上などで協力を推進していくことで合意しました。

そして、フランスとニュージーランドの国防相との会見で、双方は既存の協力体制の効果を向上させ、得意分野での協力チャンスを模索すると強調しました。

この機に、リック大臣はEU=欧州連合のフェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表と会見し、外交・安全保障政策について協議しました。

ご感想

他の情報