リビア停戦後初の政治対話始まる

(VOVWORLD) -国が東西に分裂し、内戦状態が続いてきた北アフリカのリビアをめぐり、10月の停戦合意のあと初めてとなる双方の勢力が参加した政治的な対話が始まりました。9年にわたる混乱から抜け出し、解決に向けて道筋をつけることができるかが焦点となります。
リビア停戦後初の政治対話始まる - ảnh 1    (写真:unsmil.unmissions.org

リビアでは9年前に、独裁的なカダフィ政権が崩壊したあと、国が2つに分裂し、西部の暫定政府と、東部の軍事組織との間で激しい戦闘が続いてきましたが、先月、双方の勢力が恒久的な停戦で合意しました。

これを受けて9日、隣国チュニジアで国連の仲介による政治的な直接対話の場が設けられ、75人が参加しました。

会議の冒頭、国連のグテーレス事務総長がビデオメッセージを寄せ、「リビアの未来は、皆さんの手の中にあります」と述べ、建設的な議論となることに期待を示しました。
会議には、双方の勢力の代表者のほか、政治家や女性など多様な立場の人たちが招かれ、大統領選挙と議会選挙の実施に向けた政治的なロードマップの策定を目指すということです。
リビアでは、これまでも停戦合意後に戦闘が再燃したり、一度合意した大統領選挙の実施が延期されたりしています。
このため、直接対話を通じて解決に道筋をつけ、荒廃した国の立て直しにつなげることができるかが今後の焦点となります。(NHK)

ご感想

他の情報