レホンアイン政治局員クァンビン省訪問

 
17日午前、ベトナム共産党政治局のレ・ホン・アイン局員は中部クァンビン省党委員会と会合を行い、2010年までの北中部の経済社会発展と国防安全保障に関する第9期政治局の決議39号の実施状況について討議しました。

席上、レ・ホン・アイン政治局員は決議39号を実施し、インフラ整備、経済、教育発展、住民の物心両面での生活水準の向上に取り組んできた同省の党委員会と住民の努力を高く評価しました。会合で、アイン局員は次のように語っています。

 「クァンビン省は世界自然遺産として認定されたフォンニャ・ケーバン国立公園をはじめ、ビーチや温泉など自然に恵まれていますので、観光潜在力の開発やセメント、焼き物の生産に力を入れる必要があります。飛躍的な発展を遂げるため、これらの強みを活用しなければなりません。」

 アイン局員はこのように語りました。

 

ご感想

他の情報