ロシアと軍縮交渉の用意 米国務長官

(VOVWORLD) -ポンペオ米国務長官は6日、ツイッターで、ロシアのラブロフ外相と電話会談し「アメリカとパートナー国の安全保障を促進する軍縮交渉を行う用意ができていると主張した」と述べました。

その上で、軍縮体制に関し、「検証可能かつ実行可能な仕組みを求め続ける」と強調しました。

ポンペオ氏は「軍縮」の具体的内容には触れませんでしたが、2021年2月に期限が切れる米ロの新戦略兵器削減条約(新START)への対応などを協議したとみられます。トランプ大統領は将来の軍縮交渉について、中国も加えた3カ国の合意が必要という立場を示していますが、中国は参加を拒否しています。

ご感想

他の情報