ロシアの宇宙開発、低調 ガガーリン飛行から60年

(VOVWORLD) - 旧ソ連のユーリー・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行に成功してから12日で60年となります。
ソ連の後継国家ロシアは高い技術力を受け継ぎ、一時はロシアの宇宙船が国際宇宙ステーション(ISS)の要員輸送を独占してきました。しかし、近年の宇宙開発ではアメリカの民間企業や中国の存在感が増し、ロシアは後れを取っています。
2011年のアメリカスペースシャトル退役後、ロシアのソユーズ宇宙船はISSに人員を運ぶ唯一の手段でした。しかし、アメリカで昨年、宇宙企業スペースXが開発した民間の有人宇宙船「クルードラゴン」が打ち上げられ、ISSのドッキングに成功しました。米航空宇宙局(NASA)はソユーズを利用する際には1回当たり約8000万ドル(約88億円)を支払っていたと報じられており、ロシアは大きな収入源を失いました。
ロケットの打ち上げ回数ではアメリカと中国の後塵(こうじん)を拝しています。昨年末のロシア通信によりますと、ロシアの昨年の打ち上げ回数は17回で、アメリカ(44回)、中国(39回)に次ぐ3位です。同通信は「新生ロシアの歴史上最低の記録」と伝えました。
ソユーズ宇宙船の後継機の開発も遅れています。構想は09年に発表され、後継機は「フェデラーツィヤ(連邦)」という呼び名で開発が進められていましたが、19年に名称が「オリョール(ワシ)」に突如変更されるなど迷走です。21年に無人の試験飛行を目指していましたが、国営宇宙企業ロスコスモスは、23年末の試験飛行、25年の有人飛行に計画を先送りしました。
ロスコスモスの他の計画にも遅れが出ており、プーチン大統領は昨年11月の会議で「遅れの理由といつ完了するかを報告せよ」といら立ちを隠しませんでした。一方で、プーチン氏は宇宙開発そのものよりも、軍事技術への転用に関心があるとの見方があります。ロシアの16~25年の宇宙開発予算は計約1兆4000億ルーブル(約1兆9800億円)が見込まれていますが、ロシア経済の停滞もあり、予算削減がたびたび報じられています。(時事通信)

ご感想

他の情報