ロシア イタリア大使館職員を国外追放

(VOVWORLD) - ロシア外務省はイタリアの措置への報復としてイタリア人外交官に対して国外追放を命じました。

モスクワ駐在のパスクワーレ・テラッチャーノ伊大使はロシア外務省に召喚され、ペルソナ・ノングラータ(国外追放)の通知を手渡されました。イタリア大使館からは国防問題担当補佐官、海軍からの出向者が24時間以内にロシア連邦から出国しなければなりません。

3月30日、イタリアの国家治安警察隊はローマのロシア大使館の職員であるロシア人将校とヴァリテル・ビオット伊海軍二等大尉のふたりを諜報行為を行ったとして逮捕しました。ふたりは密会し、ビオット海軍二等大尉がロシア人に金銭と交換に機密資料を渡した現場で逮捕されています。ロシア人は外交官としての地位から逮捕は免れましたが、ビオットは未決拘禁に置かれています。(Sputnik)

ご感想

他の情報