世界の再生エネ発電能力、今年は20年ぶりに伸び鈍化へ=IEA

(VOVWORLD) - 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて商工業部門のエネルギー需要が減少しているほか、サプライチェーンの混乱やロックダウン(都市封鎖)措置、資金調達面の問題などでプロジェクトに遅れが生じ、新設される風力タービンや太陽光発電設備などが減少する見込みです。
世界の再生エネ発電能力、今年は20年ぶりに伸び鈍化へ=IEA - ảnh 1  北ドイツのバルト海にある風力タービン(写真:AFP/TTXVN)

IEA=国際エネルギー機関は20日に公表した報告書で、世界の再生可能エネルギーの発電能力の伸びが今年は20年ぶりに鈍化するとの見通しを示しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて商工業部門のエネルギー需要が減少しているほか、サプライチェーンの混乱やロックダウン(都市封鎖)措置、資金調達面の問題などでプロジェクトに遅れが生じ、新設される風力タービンや太陽光発電設備などが減少する見込みです。

IEAのビロル事務局長は「新型コロナに見舞われる前から、世界各国は気候変動目標の達成を可能にするため再生エネの導入を大幅に加速する必要があった」とし、導入の遅れに警鐘を鳴らしました。

IEAによりますと、今年の再生エネ発電能力の新設は167ギガワット(GW)と、昨年を13%下回ると予想されています。ただ、それでも再生エネの発電能力は全体として昨年から6%拡大する見通しです。

来年は遅れたプロジェクトの進展などにより、2019年と同程度の新設が予想されています。

今年と来年を合わせた発電能力の伸びの見通しは、新型コロナ感染拡大前のIEAの予測を10%下回っています。

ご感想

他の情報