世界の回復者数、100万人超える 新型コロナ

(VOVWORLD) - 欧アメリカでは経済活動を再開させる動きが広がりますが、世界的にはなお1日当たりの新規感染者数が回復者数を上回る傾向が続いています。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の調べによりますと、1日までに新型コロナウイルスの回復者数は世界で累計100万人を超えました。欧アメリカでは経済活動を再開させる動きが広がりますが、世界的にはなお1日当たりの新規感染者数が回復者数を上回る傾向が続いています。感染の中心地となっているアメリカのニューヨーク州などは外出制限の解除になお慎重です。

同大学によると米東部時間1日午後10時(日本時間2日午前11時)時点で世界全体の累計の感染者数は約334万人、死者数は23万人、回復者数は105万人となりました。新型コロナの感染が確認された3~4人に1人の割合ですでに回復したことになります。中国や韓国、ドイツなどで累計感染者数に対する回復者数の比率が高く、8~9割前後に達しています。

ただ、感染地域はブラジルやロシアなどにも広がりつつあります。世界全体では1日当たりの新規感染者数は足元でも8万人前後で推移しており、1日当たりの回復者数(4万~6万人)を上回る傾向が続いています。

全米規模の外出制限が1カ月以上続いたアメリカでは4月30日の1日当たりの回復者数が3万3000人となり、新規感染者数(約2万9000人)を上回りました。集計手法によって数値は大きく変動するものの、アメリカで1日当たりの回復者数が新規感染者数を上回るのは3月以降で初めてです。

ご感想

他の情報