「世界道路交通犠牲者の日」ベトナムでも式典

(VOVWORLD) - 「世界道路交通犠牲者の日」にあたり、21日夜、ハノイで、国家交通安全委員会はVTVベトナムテレビ局とトヨタベトナム社と協力して、交通事故で犠牲になった死者を偲ぶ式典を行いました。
「世界道路交通犠牲者の日」ベトナムでも式典 - ảnh 1黙とうをささげているミン副首相

式典で発言に立ったファム・ビン・ミン副首相は政府を代表して、交通事故による死亡者の遺族にお悔やみを送り、次のように語りました。

(テープ)

「私は全国民に対し、交通安全と新型コロナ予防対策に関する規定を遵守し、親切で安全な交通環境の構築に力を合わせるよう訴えます。亡くなった人への思い出と生きている人の安全のために、交通事故による犠牲者のために1分間の黙とうをささげましょう。」

なお、英国の交通事故遺族団体が提唱したことをきっかけに、2005年の国連総会で毎年11月の第3日曜日を「世界道路交通犠牲者の日」とすることが決議されました。今年のこの日は11月21日にあたります。WHO世界保健機関によりますと、毎年交通事故により、約130万人の死者と5000万人のけが人がでています。ベトナムでは、毎年約7000人が死亡しています。

ご感想

他の情報