中国の新型肺炎死者361人、SARS超える 春節連休明け厳戒態勢

(VOVWORLD) -中国国家衛生健康委員会は3日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が57人増えたと発表しました。
中国の新型肺炎死者361人、SARS超える 春節連休明け厳戒態勢 - ảnh 1         (写真:TTXVN)

中国の死者は計361人となり、2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の中国本土での死者数を超えました。感染拡大を受けて延長されていた春節(旧正月)の大型連休が明けた中国各地では、当局が通行人に検温をするなど厳戒態勢を敷きました。

同委員会によりますと、中国本土の感染者は2829人増え、計1万7205人に達しました。感染疑い例は2万人を超えました。感染者はさらに増える恐れがあります。

中国政府は通勤通学に伴う感染急増を回避するため企業や学校の活動を制限しました。

ご感想

他の情報