中国、新関税めぐり米をWTO提訴

(VOVWORLD) -アメリカが中国からの輸入品に対する新たな大型関税を発動させたことを受け、中国は2日、アメリカをWTO=世界貿易機関に提訴したと明らかにしました。

米中は昨年から激しい貿易戦争を繰り広げており、アメリカは1日、中国が報復を予告する中で新たな課税を断行しました。両国の対立はさらに高まりました。

中国商務省はウェブサイトで、「アメリカによるこれらの関税は、両国首脳が大阪(での6月の通商協議)で達した共通認識への重大な違反だ」と指摘しました。「中国側はそれに強い不満を抱いており、断固反対する。中国はWTOの関連規則に従い、正当な権利と利益をしっかり守っていく」と表明しました。

今回の課税は、アメリカが中国への圧力を一段と強め、新たな貿易協定の締結に応じさせようとする中で実施されたものです。

米中間の貿易紛争は市場に混乱をもたらし、世界各地で経済成長を妨げてきました。両国の通商交渉はここ数か月、行き詰まりが続いています。

ご感想

他の情報