中国、米国務長官に反論-研究所からのウイルス流出示す証拠ない

(VOVWORLD) -中国は6日、新型コロナウイルスの発生源が同国湖北省武漢市の研究所であることを示す証拠があると述べたポンペオ米国務長官に反論、ウイルスの流出を裏付ける証拠を長官は示せないと指摘しました。
中国、米国務長官に反論-研究所からのウイルス流出示す証拠ない - ảnh 1         (写真:ロイター)

中国外務省の華春瑩報道官は記者会見で、アメリカがこの件で中国を批判するのは大統領・議会選挙を控えたトランプ大統領率いる共和党の戦略の一環だと発言しました。同ウイルスは人工的なものではないとの世界保健機関(WHO)の主張に言及し、同研究所の幹部が先月、ウイルスの発生に関与していないと国営メディアに語った内容を繰り返しました。

華報道官は、「ポンペオ氏は証拠を持っておらず、示せないだろう」とし、「この問題は国内の政治的必要性で動く政治家ではなく、科学者や専門家が対応すべきだ」と述べました。

ポンペオ長官は3日、ABCの報道番組で新型コロナの発生源が武漢市の研究所であることを示す「膨大な証拠」があると指摘していました。

ご感想

他の情報