中国系ハッカー集団、新型コロナ研究機関に不正侵入=米当局

(VOVWORLD) - FBI=アメリカ連邦捜査局と国土安全保障省は13日、中国系のハッカー集団が新型コロナウイルス感染症に関する研究を手掛けるアメリカ機関に不正侵入していると発表し、科学者や公衆衛生当局者に注意を呼び掛けました。

共同声明によりますと、FBIは中国とつながりのあるハッカー集団によるアメリカ機関への不正アクセスを調査中で、「新型コロナ関連の研究に携わる職員およびネットワークからのワクチン、治療法、検査に関連する公衆衛生上のデータや重要な知的財産(IP)を特定し、不正に入手しようとする試み」を監視しているということです。

ただ不正アクセスの対象機関やハッカー集団の詳細などについては明らかにしていません。

中国の在アメリカ大使館は現時点でコメント要請に応じていません。

ご感想

他の情報