中国、露と原発連携誇示 建設に邁進、米との対立にらみ

(VOVWORLD) -原発の建設に邁進している中国が、アメリカとの対立長期化をにらんでロシアとの技術協力を深める動きを誇示しています。
中国、露と原発連携誇示 建設に邁進、米との対立にらみ - ảnh 1(写真:AFP/TTXVN)
今月中旬には、中国国内でロシアが設計した原発計4基の建設に新たに着手しました。米政権がハイテク分野で中国を切り離す「デカップリング」を呼びかけている中、中国の習近平指導部はロシアとの共闘カードをちらつかせて米国を牽制する狙いとみられます。

習国家主席は19日、プーチン露大統領とオンライン形式で原発の着工式にそろって参加しました。中国メディアによりますと、着工したのは遼寧省葫蘆島市と江蘇省連雲港市の原発で、ロシアが設計した加圧水型原子炉を2基ずつ建設します。習氏は式典で「中露は互いを固く支持し、密接に効果的な協力を行っている」と強調し、原子力分野での連携を深める方針を示しました。

中国は従来、アメリカやフランス、ロシアなどの技術も導入して原発開発を進めてきました。日本原子力産業協会の今年1月時点のまとめでは、中国で稼働中の原子炉は49基で、アメリカとフランスに次ぐ世界3位です。建設中は16基、計画中は39基と世界最多です。(sankei.com)

ご感想

他の情報