中国 武漢 2か月半ぶりに都市封鎖解除

(VOVWORLD) - 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界で最初に都市の封鎖が行われた中国、湖北省の武漢では、8日、2か月半ぶりに、封鎖の措置が解除され、各地へ向かう鉄道の運行や高速道路の通行が再開されました。

中国政府は、国内の感染は基本的に抑え込んだとしていて、封鎖の解除を契機に、経済の立て直しを加速させたい考えです。

湖北省の武漢では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、1月23日に、公共交通機関の運行を停止させ、駅や空港を閉鎖して都市の封鎖を始めました。

中国政府は、8日2か月半ぶりに封鎖を解除し、国営の中国中央テレビは、現地時間の午前0時に高速道路の料金所で封鎖が解除され、車が次々に武漢を離れる様子を伝えました。

また、武漢から中国各地へ向かう高速鉄道や航空便も再開され、中国メディアによりますと、8日一日で、鉄道では5万5000人、航空便では1万1000人が武漢を離れる見込みだということです。

また、武漢市内では、すでに大企業を中心に1万社以上の企業が操業を再開していますが、当局は、市民には依然として不要不急の外出をしないよう求めていて、外出を制限する措置は完全には解除していません。

ご感想

他の情報