中国 米輸入品に追加関税 米もさらなる報復措置へ

(VOVWORLD) - 

中国政府は23日夜、来月1日とことし12月15日の2段階で、アメリカからの輸入品の5078品目、金額にしておよそ750億ドル分の輸入品に対し最大で10%の関税を上乗せすると発表しました。さらにことし1月以降停止していたアメリカ製の自動車や自動車部品への5%から25%の関税の上乗せを12月15日から、再開するとしています。
今回の措置について中国政府は、アメリカのトランプ政権が来月1日から段階的に中国からの3000億ドル分の輸入品に10%の関税を上乗せし、ほぼすべての輸入品を対象に関税を上乗せすることへの対抗措置だとしています。
これに対してトランプ大統領は直ちにツイッターで両国をつなぐ物流面で何らかの報復措置をとる方針を明らかにしました。米中両国は来月上旬にもワシントンで閣僚級の貿易交渉を行うとしていますが、両国の溝は深まるばかりで、対立の緩和は見通せなくなっています。(NHK)


ご感想

他の情報