中朝首脳会談 中国のネット上は称賛の声のみ閲覧可か

(NHK)中国の習近平国家主席と朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が初めて会談したことについて、中国のインターネット上には多くの書き込みが投稿されているものの、閲覧できるのは首脳会談をたたえる意見だけとなっていて、中国当局が批判的な意見に神経をとがらせているものと見られます。


このうち中国共産党系の新聞「環球時報」の中国版ツイッター「ウェイボー」で紹介された、習主席とキム委員長の首脳会談を伝えるニュースには、200件以上の書き込みがあると表示されていますが、内容を閲覧できるのはわずか20件ほどです。

閲覧できる書き込みは「中朝の友好に揺るぎはなく、朝鮮半島の安定と新しい形の国際秩序を作り上げることに役立つ」や「中国の朝鮮民主主義人民共和国政策が完全に失敗したと主張した人はどこに行った」など、首脳会談をたたえる内容ばかりとなっています。


ご感想

他の情報