中東とアフリカで足止めのベトナム人140人が帰国

(VOVWORLD) - ホーチミン市のタンソンニャット国際空港に到着した直後、全ての搭乗者は、医療観察を受け、集団隔離施設に入りました。

8月29日と30日の両日、中東とアフリカ諸国に駐在するベトナム大使館や関連各機関、及び、カタール航空は所在国の当局と連携し、新型コロナウイルス感染症の影響により、南アフリカ、モザンビーク、タンザニア、ケニア、カタールの5ヵ国で足止めされていた140人あまりのベトナム人を帰国させました。

帰国者には、18歳未満の子ども、高齢者、妊娠中の女性、雇用契約切れの労働者、留学生、観光者などが含まれています。ホーチミン市のタンソンニャット国際空港に到着した直後、全ての搭乗者は、医療観察を受け、集団隔離施設に入りました。

ご感想

他の情報