中秋節を楽しむ貧しい子どもたち

(VOVWORLD) - 旧暦の8月15日の中秋節にあたり、全国各地で、貧しい子どもに中秋節を楽しんでもらうための様々な活動が活発に行われています。
中秋節を楽しむ貧しい子どもたち - ảnh 1

8日午後、中部クアンナム省ズイスィエン県で、ダン・ティ・ゴック・ティン国家副主席が、同県の中学校5校で在籍中の貧しい生徒250人に総額3億5千万ドン(日本円で166万円)相当のプレゼントを手渡しました。

同日夜、ハノイで、ベトナム子ども保護協会、ホーチミン共産青年同盟、ベトナム女性連合会の共催により、「夢を灯す」と題するイベントが行われました。このイベントは、困難を乗り越えて学習で立派な成績を収めた少数民族出身の子どもや、貧しい家庭出身の子ども、体の不自由な子ども合わせて109人に奨学金などを与えて、彼らを激励することが狙いです。

一方、8日夜、北部山岳地帯のソンラ省イエンチヤウ県フィエンコアイ村で、「山岳地帯の子どもの夢を灯す」と題する夕べが開かれ、この村の子ども300人が参加し、中秋節を楽しみました。また、この機に、村の子どもは無料で健康診断を受け、50人の子どもは奨学金を受けました。

同日、北部バクザン省で、同省の奨学協会と子ども保護協会は、貧しい子どもへの支援を呼びかけるイベントを行いました。このイベントが行われるのは今回が4回目で、これまで募られた寄付金は約14億ドン(日本円で670万円)にのぼっています。

ご感想

他の情報