二階幹事長再任へ 政調会長は下村氏 党役員人事固まる

(VOVWORLD) -自民党総裁選で新総裁に選出された菅義偉官房長官は、党幹事長に二階俊博氏(81)を再任させる方針を固めました。
二階幹事長再任へ 政調会長は下村氏 党役員人事固まる - ảnh 1       二階俊博氏(写真:TTXVN)

総務会長には佐藤勉・元総務相(68)、政調会長に下村博文・元文部科学相(66)、選挙対策委員長に山口泰明・組織運動本部長(71)を起用する方針もそれぞれ固めました。国会対策委員長は森山裕氏(75)を続投させます。

二階氏は、森山氏とともに今回の総裁選で菅氏支持をいち早く打ち出し、菅氏が国会議員票、地方票ともに完勝する流れを作りました。菅氏は二階氏について、14日の記者会見でも「内閣、組織の要、そしてまた、党の要」と評価していました。

二階氏は衆院和歌山3区選出で当選12回となります。安倍政権では2016年8月から4期連続で幹事長を務めました。今月8日には、幹事長の通算在職日数が1498日となり、田中角栄元首相を超えて歴代最長となりました。 

菅氏は、16日召集の臨時国会で首相に指名されたあと、新内閣を発足させます。 

                                                                                                                               (朝日)


ご感想

他の情報