仏で男がナイフで通行人襲撃 1人死亡8人けが

(NHK) フランス南東部のリヨン近郊で、ナイフを持った男が通行人を次々と襲って1人が死亡し、8人がけがをしました。拘束された男はアフガニスタン出身だと話しているということで、捜査当局はテロの可能性も含めて動機などを調べています。

フランス南東部のリヨン近郊にある地下鉄の駅前で31日、ナイフを持った男が突然通行人を次々と襲い、19歳の男性が死亡し、8人がけがをしました。

フランスのメディアは、警察が男1人の身柄を拘束し、この男はアフガニスタン出身で難民申請中だったと伝えています。

フランスでは2015年に過激派組織IS=イスラミックステートのメンバーらがパリのコンサートホールなどを次々と襲撃して130人が犠牲になった同時テロ事件が起き、その後も過激な思想を持つ人物によるテロやテロの疑いのある事件があとを絶ちません。

今回の現場から西におよそ4キロ離れたリヨン中心部では、ことし5月に歩道に置かれていた爆発物が爆発し7人がけがをするテロ事件が起きていて、相次ぐ事件に市民の間では不安が広がっています。

ご感想

他の情報