仏、イランに即時行動要求 首脳会談、核対話再開図る

(VOVWORLD) - フランスのマクロン大統領は2日、イランのロウハニ大統領と電話会談し、核合意当事国との対話再開に向け「イランが即時に明確な行動を取る必要がある」と要求しました。

合意違反を重ねるイランに対し、合意順守とIAEA=国際原子力機関との完全な協力の再開を迫りました。

アメリカのバイデン政権がイランとの対話に前向きな姿勢を示す中、イランにも歩み寄りを求める考えとみられます。(産経新聞)

ご感想

他の情報