仏ノートルダム大聖堂の再建を再開 新型ウイルス流行で遅れ

(VOVWORLD) - 新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)により、再建は一時中断されていました。

昨年4月の火災で屋根や尖塔(せんとう)が焼失したパリのノートルダム大聖堂で27日、再建工事が再開されました。

仏ノートルダム大聖堂の再建を再開 新型ウイルス流行で遅れ - ảnh 1 2019年10月4日のパリのノートルダム大聖堂(写真:AFP/TTXVN)

新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)により、再建は一時中断されていました。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、5年以内の再建を約束しており、当初は3月23日から工事を再開させる予定でした。しかし、ロックダウンの影響で遅らさざるを得ませんでした。

工事は、他人との距離を取るルールを順守した上で進められます。

ノートルダム教区パトリック・ショーヴェ主任司祭は、作業員向けの着替え室やシャワーなどを整備すると説明しました。マスクや手指用の除菌ジェル、食事なども供給されるほか、近隣のホテルはパリ在住ではない工事関係者を受け入れるということです。

ご感想

他の情報