仏大統領、キューバ訪問を終える

仏大統領、キューバ訪問を終える - ảnh 1
ハバナで、ラウル・カストロ国家評議会議長(右)とオランド大統領との会見(写真:AFP/TTXVN)

フランスのオランド大統領は12日、キューバ訪問を終え、次の訪問国ハイチに到着しました。キューバ滞在中、オランド大統領は11日、同国の首都ハバナで「キューバ革命の父」、フィデル・カストロ国家評議会前議長と会見しました。AP通信によりますと、オランド大統領とフィデル前議長は約50分間にわたり、アメリカの対キューバ制裁や気候変動、農業問題について意見交換しました。オランド大統領はラウル議長に対し、人権問題の改善を強く迫ったもようです。

一方でオランド大統領はハバナ大学で講演し、「キューバの発展を害する措置を撤廃するため、フランスは可能なことを何でもする」と強調するなど、対キューバ制裁を撤廃するよう米国に呼び掛けました。

ご感想

他の情報